3. LaTeXスキルアップ

ここで、文書に数学の公式、図形や表の挿入について学びます。


3.1. 数式


文書では、数式を使うのに、それらを数式モードで書けばいいのです。

1.単純な数式モード

          \begin{math}
             数式
          \end{math}.

2. 左寄せの数式

          \(
             数式
          \)

3. 文章中で 数式を使うのに、
          $
             数式
          $
    が使えます。

4.中央寄せの 場合:
          \[
             数式     
          \]
     が使えます。

例:
       \documentclass{jarticle}
       \usepackage{amsmath}
       \title{パソコンによる計算法入門\\         % タイトル
                レポート}
       \author{サバウ・ソリン}                           % 著者(自分の名前)
       \date{2003年10月31日}
       \begin{document}
       \maketitle                                                % タイトルの位置を指定する
       \section{授業内容について}

          この授業では、数学的な概念や原理の理解を中心とし、具体的な数式や数値の計算を計算機で行う方法を解明する。

       \section{Maximaについて}
          Maximaは、市販のソフト(Mathematica, Maple, など)と同様の本格的な数式処理システムである。

       \section{演習問題}
          Maximaを用いて、次の演習問題を考えよう。

1. 行列
       \begin{equation}                        % 方程式開始
        A=\begin{pmatrix}                     % 行列開始
                 a & 0 &  0  \\
                 0 & a &  0  \\
                 0 & 0 &  a
             \end{pmatrix},                       %  行列終了
       B=\begin{pmatrix}
                 1 & 2 &  3  \\
                 3 & 2 &  1  \\
                 1 & 1 &  1
             \end{pmatrix}, \nonumber   %方程式番号なし
      \end{equation}      
に対して、
     $$
      A+B, \quad, A\cdot B, \quad, A^{-1},\quad B^{-1}
     $$
を求めよう。

\end{document}



戻 る                                目 次                              進 む