ls コマンドの主なオプション


-a, --all 隠しファイル(ファイル名の先頭にピリオドがあるふぁいる)を含んだすべてのファイルを表示する

-b, --escape ファイル名に表示できないコントロール・コードなどが使われている場合、8進数3けたで表示する

-d, --directory ディレクトリを、ディレクトリの内容ではなくファイルと同様に表示する

-f ディレクトリ内の順番に沿って表示する

-i, --inode iノード番号をファイルの左側に表示する

-l, --format=long, --format=verbose ファイルの詳細(ファイル名、ファイル・タイプ、パーミッション、ハード・リンクの数、オーナー名、グループ名、ファイル・サイズ、タイムスタンプ)を表示する

-m, --format=commas ファイルをコンマ区切りで表示する

-o, --color, --colour, --color=yes ファイル・タイプに応じて色分けして表示する

-t, --sort=time タイム・スタンプ順にソートして表示する

-A ".." (親ディレクトリ)や"." (カレント・ディレクトリ)を表示しない

-B, --ignore-backups ファイルの最後にチルダ「~」が付いているファイルを除いて表示する

-C, --format=vertical ファイルを上下方向に並べて表示する

-F, --classify ファイル名にファイル・タイプを表す記号(ディレクトリは「/」、実行可能なファイルは「*」、シンボリック・リンクは「@」、FIFOは「;」、ソケットは「=」)を付けて表示する

-Q, --quote-name ファイルをダブる・クォーテーションで囲んで表示する

-R, --recursive ディレクトリ下を再帰的に表示する(ディレクトリ内のすべて表示)

-S, --sort=size ファイル・サイズ順にソートする

-X, --sort=extension 拡張子でソートして表示する

-1, --format=single-column 1行に1ファイルずつ表示する

-l, --ignore pattern patternにマッチするファイルを表示しない

--full-time タイム・スタンプを曜日、月、日付、時間、年すべて表示する

-h ファイル・サイズを適当な単位(例えば1K、1M、1Gなど)で表示する

       目次              <