3. ファイルの基本的な操作


3.1. ファイル システムとは?

ファイルというのは、「ひとまとまりとなったデータ」である。ファイル関係の処理は、ファイルを開いたり、閉じたり、作成したり、消去したりなどがあるの で、こうしたファイルの管理はOSの重要な仕事である。
 
「ファイル・システム」というのは、ファイル管理機能である、すなわちファイル群を一元的に管理し、個々のファイルに対して一貫性を保って操作できる機能 となっている。

Linuxでは、ext2fs, ext3fs, JFS, XFS, ReiserFS, などのファイル・システムが使える。Linuxの場合、ファイル システム ext2fs ("second extended file sistem")が標準的であるが、最近データの整合性のためext3fs("third extended file sistem")が使えるようになってきた。特に、膨大な数の ファイルを扱う大規模ファイル・システムの便利さや信頼性を高めるため、Linuxでジャーナリング機能が採用されている。

なお、Linuxでは、フォーマットされたパーティションを利用するためには、それをマウントしなければならない。ただし、ハード・ディスクのパーティ ションがLinuxのブート時に自動的にマウントされるために、/etc/fstab ファイルにその設定を書かなければならない。例えば、現在使われている/etc/fstabファイルの内容を確認するには

cat /etc/fstab

と入力すればよい。


戻る                               目次                             進む