less コマンドの操作方法


h, H : lessの操作ヘルプを表示する
q, Q : 終了する
e, j : 表示テキストを1行進める。コマンドの前に数字を入力すると指定行へ進む
y, k : 表示テキストを1行戻す。コマンドの前に数字を入力すると指定行へ戻る
f, スペース : 次のページに進む。コマンドの前に数字を入力すると指定ページへ進む
b, ESC-v : 前のページに戻る。コマンドの前に数字を入力すると指定ページへ戻る
d : 半ページ進む。コマンドの前に数字を入力すると指定した回数判ページ進む
u : 半ページ戻る。コマンドの前に数字を入力すると指定した回数判ページ戻る
r : 画面を再度書き換える
/[パターン] : テキスト中からパターンを前方検索し、そこに移動
?[パターン] : テキスト中からパターンを後方検索し、そこに移動
n : 前画面の検索を再度行う
g, < : テキストの先頭に移動する
G, > : テキストの末尾に移動する
:e[ファイル名] : 指定したファイルを閲覧する
:n : 次のファイルを閲覧する(起動時に複数ファイルの指定が必要)
:p : 前のファイルを閲覧する(起動時に複数ファイルの指定が必要)
:x : 初めのファイルを閲覧する(起動時に複数ファイルの指定が必要)
:v : 閲覧中のテキスト・ファイルをエディタで編集する(VISUALモード)
![コマンド] : 指定したコマンドを実行する

なお、
export EDITOR=emacs
でテキスト・エディタと指定できる。
または、
grep guest *.txt | less
で検索結果が表示できる。

       目次              <